一畑薬師マラソン

一畑薬師マラソンを走りました。

DSC00401
宍道湖の湖畔に設けられた臨時駐車場からシャトルバスに乗って、向こう(写真の左側)に見える山の中腹へと向いました。

DSC00403

シャトルバスでおよそ20分、大会会場がある山の中腹に着きました。すぐ近くのお寺(一畑薬師)の参道では、たくさんのランナーたちがウォーミングアップをしていました。

DSC00405

もちろん石段も確認しておきました。これがこの大会の名物でもある1,270段の石段の最上部です。10キロの部も、5キロの部も、どちらもこの石段を上りきった後のゴールとなるのです。

DSC00416

こちらは、この大会では2人だけだったと思われる裸足ランナーのA氏の足です。(もう1人の裸足ランナーは私)

DSC00417

スタートの号砲を待つ私の隣には、こんな2人もいました。

ゼッケン番号449のスーパーマリオさんは、スタート前だけでなく、スタート後も10キロのコースを走ったり歩いたりしながらトランペットを吹いて大会を盛り上げていました。

そして、手前の緑レンジャーさんとは7月のピクニックラン桜江(ブログに走る姿が写ってます)でも走りながら少しお話をしたし今回もご挨拶できたので、すっかり顔なじみ(?)になりました。

DSC00418

この大会の10キロの部は、山の中腹の大会会場をスタートすると、すぐに3キロばかりの急な坂を駆け下りて、それから6キロほどの平地を走った後に、最後の1キロあまりの石段を上って大会会場にゴールするコースになります。

DSC00420

先にも書いたように、この大会のメインはこの長く続く石段なのですが、私はここよりも最初の長くて急な下り坂の方がより印象に残りました。

多くのランナーに混じって裸足でどんどんと駆け下りているときに、足の平(裏)全体がそのなかなかに過酷な状況に反応して生き生きと動きだすような実感を(ちょっとだけ)もてたのは大きな収穫だったと思っています。

(ただ、未熟な私の裸足ランのために、足の裏に水ぶくれができたし、翌日の今日はふくらはぎの下の方に張りと筋肉痛がありました。さらに精進精進。)

広告

2件のコメント on “一畑薬師マラソン”

  1. 佐々木秀之 より:

    奇遇が重なり一緒に走れてとても楽しかったです!顔マラソンやってみます。まずは広島から!

    • hatihatibunbun より:

      10kmの大会は初めてだったんですけど、いろんなことで面白い大会でした。
      「奇遇」については昨夜「bunbunの記」に書いてみました。
      広島の顔マラソンなかなか良いですよ!コースについても比較的分かりやすい「顔」だと思います。実施されたらこのコメント欄かなにかで教えてください。GPSに描かれた顔があれば顔マラソンの公式ホームページに掲載してもらうこともできると思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中